【コラム】爪コンプレックス・悩みとどう付き合う?

こんにちは!セルフネイラーのngot(ゴット)です。

今回は、爪コンプレックスについて、「意識」の向けどころに着目して私なりの考えを書きたいと思います。なぜこのテーマを書こうと思ったかというと、自爪ケアについて発信するようになってから、爪の悩みが想像を超えるほど多いことに気付いたからです。

爪の悩みあるある

爪コンプレックスって本当に様々です。例えば、爪が小さい、平べったい、形が悪い、曲がってる、変色してる、すぐ折れる、二枚爪、ボコボコ、爪周りが固い、手指がガサガサで荒れてる、ささくれだらけ…..。あげるとキリがないです。

日常生活の場面で、手元を見られることって本当に多いですよね。買い物の金銭のやりとり、パソコン中や書いてる時、話をしている時などなど。見られてるーーーって思うことありませんか?!

ガサガサささくれだらけの手指の時って、ソワソワ恥ずかしい気持ちになって、見つめないでーーーって心で叫ぶ。何日も放置して、欠けたネイルの時もめちゃくちゃ恥ずかしいです。

華やかなネイルをしている人ほどコンプレックスを持っている?!

いつもネイルをしている人って一見華やかでパーフェクトに見えるけど、実は爪コンプレックスがあるが故に、その跳ね返りでネイルしている人もとても多いです。

メイクも同じで、自分の顔が嫌いだからメイクに目覚めた!という人が周りにいませんか?そして年を重ねるとシワとシミ隠しに必死でまあ大変(T . T)

他人には分からない悩みやコンプレックスって爪に限らず誰しもが何かしら持っているものですよね。

「隠す」を一旦やめて自分と向き合ってみる

私が最近実感していることは、まずは自分の爪と向き合って、客観的に自分を知ることがスタートラインだと思っています。自分のことを客観的に見られないまま、嘆いたり、人を羨んだり、妬んだりしているのはもったいない!

私は普段、爪が綺麗と言われることが多いですが、自分の理想ではありません。本当は、甘皮周りのラインのカーブ具合とか、爪の横幅とか、シュッとした細身の爪に憧れています。

手は子供みたいに小さく、指が短くてぽてっとしていて本当に嫌で仕方ありません。でもそれって、身長が低いとか、足が小さいからとか、元々持って生まれた変えられないもの

だからそこを嘆いてもしょうがないので、自分は自分。それをどう工夫して自分らしくいられるかにフォーカスする方がずっと楽しくなると思っています。

爪は手全体のバランスで見てみる

自分にとっての究極のバランスを探す。自分らしい形や長さを追求してみる。そういうところに注目してみると、意外と楽しめたり、自分の爪が好きになってくることだってあると思うんです。というか、それが理想だと思います。

ネイルアートだって、ショートやちび爪だからこそ似合うアートがあって、コロンとした爪が逆に羨ましかったりもします。

縦長に見せたかったら、縦グラデとかで目の錯覚を利用してみるのもいいですよね?!目の錯覚を利用した楽しみ方もおもしろい!

爪はケアすればちゃんと変われる!!

自分と向き合うことに意識を向ける話をしてきたのですが、そうは言ってもね…スーパーポジティブ論なんて面白くもなんともない上に疲れます。

ポイントはこれです!!

骨格や土台そのものは変えられないけど、

本来の健康な爪に戻すことはできる!!

爪は手入れすればちゃんと変われる場所!だって、爪のお手入れってちゃんとできてる人ってあまりいないんです。顔は毎日ちゃんと洗顔して化粧水もしてるのに、爪は??

私もそうだったけど、(今でもそうだけど)爪の知識ってびっくりするほど知らない

長年の自分の癖や習慣の蓄積が今の爪の姿。爪が折れやすかったり、形が悪いのって、気づかない自分の「癖」が原因だったりします。

「みんな自分の爪のポテンシャルに全然気づいていない!爪は育てる(育爪)のではなく、本来の健康で綺麗な爪に戻してあげるもの」

これは私が施術していただいた「自爪ケア専門サロンMaia」のネイリスト彩香さんの言葉です。

これ、めちゃくちゃ私の心に突き刺さりました。本来の健康な爪に戻してあげる…..。

自爪ケア専門サロンMaia→【アメブロ】綺麗な爪ってどんな爪?

手って毎日使って酷使しているのに、割と雑に放置してるなーって気づかされます。「爪の悩みって実は意外と簡単に解決できるのにー」って彩香さんもおっしゃっていました。

だからもし、自分で解決できそうもなかったら、あらゆる方向からその人の癖を探ってもらえるような、そんなサロンに行ってみるのもおすすめです。

ちなみにMaiaの彩香さんは、占い師なの?と思えるほど、癖やその人の心まで読み取ってしまいます。ある意味怖い(笑)

心までなんで読み取れるの?

それは….例えば、ストレスを抱えている人って、手をぎゅーっと握ってしまったり圧力がすごいみたいです。それが甘皮の厚さとか、爪周りに表れるそうです。びっくりですねー。

【体験レポ】自爪ケア専門サロンへ行ってきた@Maia(マイア) ☆東京町田

爪の美しさの定義って….

最後にこれを言わせてください!!

美しい爪、美しい人….それって誰が決めてるんだろう?そう思ったことないですか?世界一美しい顔50人とか、あれも賛否あるじゃないですか…今の時代って。

自分の生まれ持ったものを好きになって、それが美しい!

そういう時代が来ているとここ数年ずっと思っていました。とはいえ、SNSやメディアに踊らされている日々で、自分に自信をなくしてしまうことは多々あります。

コロナ渦中に楽しむためだけにやったネイル

雑誌やテレビ、もっと近い存在でいえば一般人のインスタグラマーとか。綺麗や美しいの定義は全部そういう人たちから作られて、そうでなきゃいけないって植えつけられちゃうんですよね。

元を辿れば、企業が物やサービスを売るための宣伝戦略な訳です。テレビは一番わかりやすい広告業界ですし。これは別に斜めから見てる訳じゃなくて本当のこと。ビジネスだから、当たり前のことですよね。

憧れたり目指すことが悪い、と言っている訳ではなく楽しくできる人はそれでいい。でも一方で疎外感というか自己嫌悪に陥る人も多くいるはずです。

だから、なんで自分の爪ってこんななの?って思わずに、今の爪の悩みは自分が頑張り続けてきた証

一旦深呼吸して、頑張った自分の手と爪を思いっきり甘やかしてみてはいかがでしょうか?

心をリセットして、丁寧に自爪ケアを始めると、意外と自分の爪が綺麗だったことに気づきます。

手を甘やかす=な〜〜んにもしないぐうたらな日が過ごせます(笑)